漢方は佐賀の漢方薬司
ブログ

がん

アルコール性肝炎後肝臓がんを起こされた方に漢方をのんでいただきました。

昨年5月から漢方を服用していただいている方に肝臓がんが見つかりました。大きさは、大きいもので3.2cm。1ヵ月後に強い抗がん剤を詰めてふたをする治療を受けることになられました。 すぐに漢方の内容をがんに対するものに変えさ …

学会に行ってきました②

がん治療の近未来は明るいかもしれない!と思いながら、辛酸をなめる方が多いのが現実です。 感染症と抗生剤はいたちごっこと言われますが、がん細胞も増える度に個性を変化させていくので、ノーベル医学生理学賞を受賞された本庶佑(ほ …

学会に行ってきました

がん治療は、どんどん次のステージに移っているようです。 動物実験のレベルですが、これまでに免疫を担う細胞(T細胞)に、がん細胞(攻撃対象)を認識するセンサーをくっつけて体内に戻すと、がん細胞を察知して絶滅させる、または縮 …

扁平上皮がん(肺癌)と漢方薬

レントゲンに写った白い影が中々消えないので大学病院で精密検査したところ、がんが見つかった方です。即手術となられたのですが、待っている間に突然血栓が出来たため延期となられました。薬を使っても血栓は溶けず、その間影が広がった …

子宮頸がんⅢb~Ⅳ期

検査にて、子宮がんが見つかられた方です。見つかると同時に相談に来てくださいました。2ヶ月後に手術が決まっていらっしゃいました。 すぐにがんの薬を開始して頂いたのですが、無事手術を終えられてご来店された時、”先 …

がん摘出手術後の再発予防

腎盂がんの摘出手術後2年で、今度は膀胱がんがみつかり、再度手術を受けられた方が来店されました。勿論、もう2度と手術はしたくないので、再発予防が出来れば…とのことです。 がんは、10年以上の長い時間をかけて成長すると言われ …

直腸がん手術後、縦隔リンパ節転移 ②

漢方の服用を始めてから、先ずはおしっこの出がよくなったそうです。気分的に楽になって、表情も明るくなられました。 1ヶ月後から、抗がん剤で起こった副作用、神経症状が和らぎ始め、歩行がしっかりしてこられました。夜もぐっすり眠 …

直腸がん手術後、縦隔リンパ節転移

初めてお会いした時は、顔は青ざめ、生気なく、声は枯れ、髪は抜け落ち、足を引きずり、動くのもやっと、という状態でいらっしゃいました。原発がどこかわからない、縦隔リンパ節転移の方です。抗がん剤の副作用も加わって、お体はボロボ …

左鎖骨上窩・縦隔リンパ節がん(60代・男性)

【受診時の症状】 発症してからずっと抗ガン剤治療をおこなってきたが、効果がない。抗ガン剤の副作用で、手足のしびれ、頭髪の抜け、体の倦怠感、体力の低下などがあり、顔色も悪く動くのがやっとの状態。 【治療後の経過】 1~2ヶ …

脳腫瘍(40代・女性)

【受診時の症状】 腫瘍の60%は手術で切除したが、とれない部分はそのままで抗ガン剤治療中。不眠、頭痛がある。また、後遺症で視野が狭く、特に雨天時には頭が重くなる。 【治療後の経過】 3ヶ月後、頭痛がだいぶ良くなった。不眠 …

PAGETOP
Copyright © 漢方薬局 漢方薬司 All Rights Reserved.
漢方相談:完全予約制