検査にて、子宮がんが見つかられた方です。
見つかると同時に相談に来てくださいました。
2ヶ月後に手術が決まっていらっしゃいました。

 

漢方はすぐにがんの薬で調整させて頂き、無事手術を終えられてご来店された時、

“先生から、上皮がんが消えていたと言われたんですよ。”と、おっしゃいました。

手術の時に同時に取ろうとしていた、まだ初期のがんがなくなっていたそうです。音譜

途中、合併症や体の不調(頭痛、耳鳴りなど)を訴えられましたが、酷くならずに過ごして頂けました。
3ヶ月後の定期受診では、手術前から指摘されていた2.5センチの子宮筋腫もなくなっていたそうです。

1年後。ようやく体の調子が戻って来たと言われました。

体力がついて、かなり動いてもきつくなくなって来たと。

それだけがんや手術が体に与えるダメージは大きいのですね。
この調子で再発なく過ごして頂ければと思っています。