漢方は佐賀の漢方薬司

ブログ

安胎薬

明の時代は、世界史上最も平和で栄えた国の1つだと聞いたことがあります。 女性や子供に使う漢方が多く編み出されたのもこの時期だそうです。 その1つ、安胎薬は、妊娠中にのむ漢方で、赤ちゃんに充分な栄養を送ると共に、 お母さん …

不育症

旦那さんに付き添われてご来店されたこの方は、 2度、自然妊娠後に流産されていました。 2回とも日付を明確に答えられていたところに、 悲しみの深さが感じられ、涙が出そうになりました。 不育症の原因は様々ですが、この方に関し …

不眠症

不眠症の治療は、交感神経の緊張を和らげて副交感神経に移行しやすくする漢方 を使うのですが、のんで直ぐに眠くなることはあまりありません。 薬をのむタイミングが朝だったりするので、驚かれることもあります。 西洋薬は細胞間の連 …

がん摘出手術後の再発予防

腎盂がんの摘出手術後2年で、今度は膀胱がんがみつかり、 再度手術を受けられた方が来店されました。 勿論、もう2度と手術はしたくないので、再発予防が出来れば…とのことです。 がんは、10年以上の長い時間をかけて成長すると言 …

天疱瘡(てんぽうそう)

てんぽうそうは、皮膚の病気です。 皮膚の細胞どうしを繋げる接着剤の役目をするたんぱく質が免疫物質に 攻撃されて丈夫な皮膚が作れず、剥がれ易くなってしまいます。 治療には通常、ステロイド剤が使われます。 今回みえた患者さん …

基礎体温

妊活の第一歩は、基礎体温をつけることです。 1ヶ月前後の生理周期の中で、2種類の女性ホルモンの変化にあわせて 子宮や卵巣、卵の状態が変わっていくのですが、 これがスムーズに行われているか、どの部分が上手くいっていないかが …

直腸がん手術後、縦隔リンパ節転移 ②

漢方の服用を始めてから、先ずはおしっこの出がよくなったそうです。 気分的に楽になって、表情も明るくなられました。 1月後から、抗がん剤で起こった副作用、神経症状が和らぎ始め、 歩行がしっかりしてこられました。夜もぐっすり …

直腸がん手術後、縦隔リンパ節転移

初めてお会いした時は、顔は青ざめ、生気なく、声は枯れ、髪は抜け落ち、 足を引きずり、動くのもやっと、という状態でいらっしゃいました。 原発がどこかわからない、縦隔リンパ節転移の方です。 抗がん剤の副作用も加わって、お体は …

« 1 3 4 5
PAGETOP
Copyright © 漢方薬局 漢方薬司 All Rights Reserved.
漢方相談:完全予約制