9ヶ月前に病気がわかり、定期的に内科を受診してはいらっしゃるのですが、
治す手立てがなく、臨月の妊婦さん以上に大きなお腹で受診されました。
肝臓は解毒という大切な役割を担っていて、
健康であれば60%摘出できる程の余力がある臓器です。
そして、西洋薬は炎症を抑えることは出来ますが、
漢方は炎症を抑えるだけでなく、低下した臓器の力を高めることも可能です。
漢方にはエネルギー補給系の生薬、”補剤”と言われるものがあるからです。
細胞の力を活性化し、体の修復力を高めるので、体が疲弊した時は漢方は本当にお勧めです。

肝臓の炎症を取るお薬と、水を動かす効果が強いものをお渡ししたところ、
お薬をのみ始めて2週間後には、“ややメタボかな?”と思うくらいに
小さくなっていらっしゃいました。Gパンが入るようになったそうです。
“(ズボンがはけないので)つりひもまで買うたとよ”と、言われていました。
“先生には、もう治らんと言われとった”とも。

がんによる腹水であれば、がん細胞が水を引き込んでしまうので、
がんを取り除かない限り、腹水を治すことはできません。
ウイルス性の肝炎が原因の腹水であれば、ウイルスの殺菌も必要ですので、
もう少し時間がかかるかも知れません。

今回は、腹水は、時間をかけずに改善できそうですが、肝臓の炎症を抑えて、
傷んでしまった肝臓をもう少しいい状態に回復させるには、ある程度の時間が必要です。
それまでは続けて頂きたいと思っています。