旦那さんに付き添われてご来店されたこの方は、
2度、自然妊娠後に流産されていました。
2回とも日付を明確に答えられていたところに、
悲しみの深さが感じられ、涙が出そうになりました。
不育症の原因は様々ですが、この方に関しては、
妊娠を維持する力が弱いことと、卵に対してアレルギー反応を
起こしてしまうことが原因のようでした。

先ずは体質改善の漢方をのんで頂いていたところ、
1月後に妊娠がわかり、安胎薬に切り替えました。
赤ちゃんとお母さんを守ってくれるお薬なのですが、
妊娠の維持に必要なエネルギーを補給する処方をベースに、
アレルギー反応を抑える生薬をブレンドします。
そして、果物や香辛料は控えて頂きました。
赤ちゃんを下ろしてしまう可能性があるからです。

今は4ヶ月。産婦人科の診察でも順調だそうです。
お母さんがお会いする度にどんどんキレイになられるのを、
とても嬉しく拝見しています