不眠症の治療は、交感神経の緊張を和らげて副交感神経に移行しやすくする漢方
を使うのですが、のんで直ぐに眠くなることはあまりありません。
薬をのむタイミングが朝だったりするので、驚かれることもあります。

西洋薬は細胞間の連絡ルートを強制的にシャットダウンするイメージですが、
漢方は普段仕事などで緊張が続き過ぎて、その状態が普通になってしまった
細胞の緊張を解して、本来のリズムに戻るように整えていきます。お月様
西洋薬のようにのんで30分で眠くなるという訳にはいきませんので、
少し時間は頂きますが、徐々に眠れる日が増えていきます。

先日、夜目が冴えて早く寝付けない小学生がいらっしゃったのですが、
さすが、人生が始まったばかりの方は体に溜まった疲れもないので、
帰って服用したその日から、9時にはうとうととされていたそうです。

治療の折にはぜひ、毎日のストレスの回避計画も立てられることをお勧めします。